カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

4年連続!北信地区唯一!関東信越国税局酒類鑑定会【優秀賞】受賞の酒蔵
4年連続!北信地区唯一!関東信越国税局酒類鑑定会【優秀賞】、新酒鑑評会金賞など数々受賞!

はじめまして

はじめまして!天領誉酒造です!

<><><><><><><>
はじめまして!
天領誉酒造オンラインショップへようこそ!
「天領誉酒造ってどんな酒蔵?」
「どんな活動をしているの?」
簡単にではございますが自己紹介いたします。



長野県北部、寒暖の差が旨い米を育て、酒を愛する人々に育まれた信州中野に当蔵はあります。
長野県北部、寒暖の差が旨い米を育て、酒を愛する人々に育まれた信州中野に当蔵はあります。
天領誉酒造のある長野県中野市は寒暖の差が大きく、米も水も良質な、酒造りにはもってこいの土地です。何より皆さん酒好きが多い!
そんな中野市の名物はバラ!6月のバラの季節は、約600種以上のバラが咲き乱れる一本木公園で『バラまつり』が開催されます。その知名度は市外に留まらず、今や全国から10万人の観光客が来場するほど!!もちろん、当蔵も出店。バラのお酒プリティエンジェルの限定ラベルバージョンも販売しています。
その他には土びなも有名!農業も盛んで、えのきはなんと生産量日本一!そんな信州中野で美味しい地酒を造っています。ぜひよっとくらい!(立ち寄って!)



明治より続く酒造りの歴史
天領誉の歴史は、明治にさかのぼります。
後方に志賀高原を配する扇状地の先端、水が豊富に湧き出る信州中野の岩船の地で、1880年(明治13年)より酒造りを開始しました。
天領誉の前身は、造り酒屋「中村屋」。戦後の統制解除後に、七杜合同で「天領誉酒造株式会社」となりました。「天領誉」の命名は江戸時代、中野市が幕府管轄の御天領で、中野代官所が置かれていたことに由来しています。



創業130余年。『米と水は信州産!』をモットーに、妥協せず素朴な味わいを目指しております。

創業130余年。『米と水は信州産!』をモットーに、妥協せず素朴な味わいを目指しております。
【米】
信州産にこだわるからにはもちろん契約栽培米!
特定名称酒に使用する米は美山錦という品種。
それも地元農家で栽培されたものを使用する徹底ぶり!

【水】
お酒の70%は水!水がウマけりゃ酒もウマい!
天領誉酒造が蔵をかまえる岩船の地。
ここは中野市の扇状地の先端なので湧き水が豊富です。
志賀高原から流れる伏流水を逆浸透膜ろ過装置に通して
さらにクリアな水に仕上げています!

北信地区においてはじめての全国新酒鑑評会「金賞」受賞蔵となりました。低アルコール酒開発では、「日経優秀製品・サービス賞」も受賞いたしました。



明治時代から続く三段仕込みで造り、もろみの段階ではクラシックを聞かせています。
三段仕込みとは、。もとに対して麹・掛米・仕込水を初添(はつそえ)、仲添(なかそえ)、留添(とめそえ)の3回に分けて仕込む方法です。
こうして仕込んでいる間、蔵には「モーツアルト」が流れます。
タンクに振動が伝わり、心地よくなった酵母によって酒がまろやかになるのです。

年間生産量は大手メーカーさんに及びませんが、美味しいお酒を造りたい!という想いは決して負けません。そんな想いの詰まったお酒を1人でも多くのお客様にお届けできれば幸いです。


会社概要

会社名

天領誉酒造株式会社

代表者

中嶋 博司

所在地

383-0041長野県中野市岩船190 (周辺地図はこちら)

特定商取引に関する法律に基づく表示はこちら ...

TEL & FAX

TEL 0269-22-2503
FAX 0269-26-1400

代表者

中嶋 博司

仕込水

志賀高原伏流水(軟水)
逆浸透膜ろ過装置でろ過し、よりクリアにしています。

歴史・背景・銘柄の由来

蔵の前身は造り酒屋「中村屋」。戦後の統制解除後に七杜合同で天領誉酒造株式会社となりました。「天領誉」の命名は江戸時代、中野市が幕府管轄の御天領で中野代官所が置かれていたことに由来しています。
>> 天領誉の紹介ビデオをご覧いただけます(約3M)

方針

地下から汲み上げた蔵内の井戸から逆浸透膜ろ過装置でろ過し、更にクリアにした自然水を使用しております。
米と水にこだわり、杜氏の極めた技で北信州の地酒として皆様に愛飲されるすっきりとした飲み飽きない酒造りを目指しております。天領誉独自の製法として造り蔵にクラシック音楽を流し、酒を醸造しております。

酒蔵見学


モーツァルトが流れる蔵で
ひっそりと醸されています。

天領誉の酒蔵見学
天領誉酒蔵見学

創業130余年。
明治時代から続く三段仕込みの造り。

信州旅行の思い出には、
モーツァルトが流れる酒蔵見学を。


見学・試飲無料 見学2日前までにご予約ください。
TEL:0269−22−2503
FAX:0269−26−1400
予約受付:月〜金9:00〜17:00
定休日:土・日・祝日

※定休日の見学ご希望の際はお問い合わせください。
※30名様以上になりますと、ご案内方法を変更する場合がございます。
 また、仕込期間(11月〜3月)は、ご案内場所が限られます。
 詳しくはお問い合わせください。


1.蔵入り口へご案内
駐車場から酒蔵へ 蔵入り口でサンダルに履き替え
作業場内をご案内しますので、入口でのサンダルへの履き替え、
帽子の着用をお願いしております。
こちらでご用意させて頂きますので手ぶらでもOK!
駐車場から蔵への移動の際、道路を横断しますので車にご注意を。


2.釜場(かまば)
まずは釜場 釜場にて説明
まずは釜場(かまば)をご案内。酒造りの解説をいたします。
酒造りのご質問には何でもお答えします!


3.仕込み蔵
仕込み蔵にて酒造りの説明 仕込蔵は、空調が入っていないのに夏でもひんやり。
仕込みの時季にも流しているモーツァルトを聞きながら、酵母の気持ちを体感してみてください!


4.地酒試飲コーナー
蔵見学の後は直営ショップでお買い物 見学の後は、直営ショップ「蔵元 天領誉」で純米酒やカムカムのお酒など、数種類のお酒を試飲して頂けます。
当蔵の仕込水である、志賀高原から流れる伏流水もご用意しております。
お酒の種類は時季によって変わります。


5.またお越しください!
またお越しください! 蔵元 天領誉には、ここでしか手に入らない地酒・小物もございます!
信州中野への旅行記念に、おみやげとしてどうぞ!
どうぞ、またお越しください。
【酒蔵見学のお問い合わせは】
TEL:0269−22−2503
FAX:0269−26−1400
 

日本酒の分類

日本酒の分類

日本酒は製造方法や原材料によって次のように分けられます。
吟醸酒吟醸造り。固有の香味、色沢が良好なもの。精米歩合60%以下の米と米こうじ、醸造アルコールを原料とします。
大吟醸酒吟醸造り。固有の香味、色沢が特に良好なもの。精米歩合50%以下の米と米こうじ、醸造アルコールを原料とします。
純米酒香味、色沢が良好なもの。精米歩合70%以下の米と米こうじを原料とします。
純米吟醸酒吟醸造り。固有の香味、色沢が良好なもの。精米歩合60%以下の米と米こうじを原料とします。
純米大吟醸酒吟醸造り。固有の香味、色沢が特に良好なもの。精米歩合50%以下の米と米こうじを原料とします。
特別純米酒吟醸造り。香味、色沢が特に良好なもの。精米歩合60%以下または特別な製造方法の米と米こうじを原料とします。
本醸造酒香味、色沢が良好なもの。精米歩合70%以下の米と米こうじ、醸造アルコールを原料とします。
特別本醸造酒香味、色沢が良好なもの。精米歩合60%以下または特別な製造方法の米と米こうじ、醸造アルコールを原料とします。

日本酒の分析(度数、日本酒度、酸度)

日本酒の辛口・甘口は、日本酒度と酸度によって判断されます。日本酒度が「+」の場合は酸度が低い方がすっきりとした淡麗辛口に、「-」の場合は酸度が高いと濃醇な甘口になります。
度数アルコール分(小数点以下切り捨て)です。
日本酒度日本酒に含まれる糖分(小数点以下四捨五入)を表しています。「+」になるほど糖分が少ないため辛口に、「-」になるほど甘口になります。
酸度日本酒の製造過程で酵母などから発生したコハク酸や乳酸などの量を表しています。酸度が低いほど甘口に、高いほど辛口に感じます。

味と香り

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が作成した日本酒の4タイプ分類により、「香りの高いタイプ」、「コクのあるタイプ」、「軽快でなめらかなタイプ」、「熟成タイプ」に分けています。
それぞれの分類に対し、「◎」は「はっきりとその分類に属するもの」、「○」は「どちらかというと属するもの」を表しています。

飲み方

お酒を飲むときの温度を「ロック」、「冷酒(5から15度)」、「室温(15から25度)」、「ぬる燗(40から50度)」、「熱燗(50度以上)」で表しています。
それぞれの飲み方に対し、「◎」は「最適」、「○」は「適している」、「△」は「あまり適していない」、「×」は「おすすめできない」を表しています。

貯蔵方法と販売方法

「要冷蔵」など貯蔵方法が表示されている商品は、購入後、次のように保存されるとおいしく召し上がれます。
常温冷蔵庫に入れる必要はありませんが、涼しい所で保管してください。温度が20度以下ならば数ヶ月保管しても著しい品質の劣化はありません。
要冷蔵かならず冷蔵庫で保管し、お早めにお召し上がりください。温度が5度以下ならば数ヶ月保管できますが、長期間にわたる場合は0度前後での保管をおすすめします。
開封後は、保存方法にかかわらずお早めにお召し上がりください。販売方法が特に表示されていない商品や「通常商品」は、年間を通してお買い求めいただけます。「数量限定」と表示されている商品は数に限りがあるため、売り切れてしまう場合があります。また「夏季限定」など季節限定の商品もありますのでご購入の際はご注意ください。

ページトップへ